· 

魚料理を先に食べる秘密

キクイモ粉末の効能のひとつである「血糖値を正常に保つ」理由は、

 近年になって人間の体に起こるメカニズムが解明され、健康への新たな要素として、人間には消化吸収できない食物繊維などが、腸内において欠かせない善玉菌への効果的なエサとなる意味が明らかにされました。

「菊芋イヌリンのような水溶性食物繊維」は、ビフィズス菌などへの重要なエサとなるためにも、この成分を多く含んだ野菜を食べる意味が具体的に明らかになった。

人間の健康への新たな要素と言える食べ物として「菊芋イヌリン等」を日頃から適量摂取する習慣が大切である事がわかります。

人間が消化吸収しなければならない様々な栄養素の摂取力を、腸内のペット「善玉菌+エサ」の作用によって補助的に助けるはたらきも見逃せないはたらきです。

 

<現代病の起こる理由でもある食事の変化>

血糖値をコントロールするはたらきは食事の力であり、人間の健康は食事の行動から起こる善玉菌への刺激によって促される(血糖値を左右する)消化酵素のはたらきが正常に作用する必要がありますが・・・食物繊維を食べる事を忘れてしまった現代の食文化の影響により、残念ながら殆どの日本人の腸内環境において最も大切な善玉菌が不足した状態にあります。不足すると腸内システムが正常に機能しないために起こる様々な問題を誘発するなど不健康な体質にあります^^;

 

不思議な「魚食による善玉菌への刺激」について、

なぜか食事の直前における魚食の刺激によって、インスリンなどの消化酵素のはたらきを大きく促進される不思議さを覚えて欲しいですね(^^)v

つまり魚を食事の途中や後に食べる行為では、消化酵素の促進効果は起こらないと言うわけです^^;

 

血糖値を正常に保つインスリンには、伝達物質として新たな脳神経細胞を増やし記憶力アップさせる重要な役目があります(^^)v 詳しくは「人間の脳とインスリンの話」でどうぞ!